職場のメンタルヘルス対策

職場のメンタルヘルス対策

2015年12月労働安全衛生法の改正により50名以上の事業所はストレスチェックが義務化されました。

法律が変わって「やらなくてはいけないから」ストレスチェックをすることだけに絞って導入すると会社が混乱します。

正しい手順で職場のメンタルヘルス対策を実施することがとても大切で、精神疾患者出てしまったから、とりあえず形だけでも対策をするといった場当たり的なことをするのでは意味がありません。

最近ではブラック企業認定制度も始まっており、精神疾患による労災が重なるとブラック企業の名簿に載り、さらに悪質な場合は公表されてしまいます。
ブラック企業として公表されてしまった企業はいろいろな面で弊害が出てきます。採用ができない、人が辞めていく、取引停止、補助金もらえない、最終的には企業活動が続けられなくなってしまうかもしれません。

現在は精神疾患にもいろいろと種類があり、うつ病だけでなく、発達障害、パーソナリティー障害などの社員をどのように職場で活用していくかということも労務管理の一環で取り組まなくてはならない時代になりました。

会社の生産性の向上にもつながるような心の健康づくりを当事務所では提案しています。

興味がある方は直接ご連絡いただいても構いませんし、HPのお問合せページよりご連絡ください。